学生のお金の使い方とは

食事や遊び、ましては合コンの誘いを受けて「お金ないから」とは断りたくないものである。

友人の誘いを断るにつれ、だんだんと誘われなくなり華の学生生活が台無しになることだろう。

小学生、中学生時代はそれほどお金がかかる遊びはしないだろうが、歳をとるにつれお金がかかる遊びを覚えていくようになり、特に大学生が一番お金のやりくりが難しいだろう。

その中でも特に、一人暮らしをしている学生は親からの援助がない限り、厳しい生活をしいられる。
ティッシュに醤油をつけ食べる生活が嫌なら、まずアルバイトをしないといけない。

学生に人気なのが飲食業だろう。
出会いもあり、賄い料理でまず食料が確保できる。

正直、食費をどう使うかにより遊ぶお金がだいぶ変わってくる。
「自炊したほうが安くていいよ」とよく聞くが、下手に自炊をすると逆にお金がかかって、さらに量の調整がわからず食材を無駄にする傾向があり、急な飲み会が入り、炊いていたご飯も保温をわすれ、カリカリになったという経験をした人も多いだろう。

近くにスーパーがあれば、半額シールを貼られる時間を把握し半額商品だけ買えることができれば、かなり食費が浮く。

しかし最大のライバルがいる。
それは「主婦」だ。

主婦でも、余裕のある主婦と余裕のない主婦がいる。
余裕のある主婦は、好きなものを好きなだけ買えて羨ましい限りだが、余裕のない主婦は、半額、見切り品、という言葉に弱い。
「そんなに食べれないでしょ」ってぐらいカゴに入れていき、大人の怖さを知ることになるだろう。

お金のない主婦は、旦那に内緒でカードローンを利用している人もいる。最近では主婦でも簡単にカードが作れるらしい。
※気になる方はコチラ⇒専業主婦クレジットカード イオン

食費を浮かし遊ぶお金を多くする、というパターンが、学生の中でも一番王道であるが、お金欲しさに、ギャンブルにはしる学生もいたり、キャッシングで借りて返済できなくなったりして、それこそティッシュに醤油をつけて食べる暮らしになる可能性がある為、気をつけたほうがいい。

そのぶん実家暮らしは、食費や家賃がかからない為、自由に使えるお金が多くあるだろう。
最悪、親のスネをかじればいい。

学生時代は学業優先の為、アルバイトに多くシフトを入れると勉強ができなくなるし、かといって少なくするとお金も少なくなるし。
やりくりは難しい時期である。

一人暮らしと実家住まいではかかるお金が違うけど、一人暮らしの場合は、よく考えてお金を使うことにすればいいだろう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>